スポンサードリンク

詳細不明の廃歯科医院

まいど、ボブです。

 

京都探索2軒目の物件です。

前回の物件はこちら。

 

haikyo.hatenablog.jp

廃墟探索は十分な装備と警戒がないと、怪我や事故に繋がります。
ここにある情報を元に探索してトラブルに巻き込まれたとしても責任は取りかねます。
ご注意ください。詳しくは下記URLをご覧ください。

https://haikyo.hatenablog.jp/entry/20190306/1551872433

 

詳細不明の廃歯科医院の歴史

こちらの物件の歴史は詳細には分かっていません。

 

たまたま近くにいたおばあちゃんに聞いたところ分かったのは下記の3点です。

・昔は歯科医院をしていた

・近くの廃墟となっている家の人がやっていた

・80代(90代だったかも)のおばあちゃんが子供のときには営業していた

 

これ以上の情報は地元の人により聞き込みをしないとわからないと思われます。

 

詳細不明の廃歯科医院の外観

外観はこんな感じです。

 

 

医院全体が蔦に覆われていました。

 

近くに車なども置かれていたので管理されているかと思ったのですが、裏に回ってみて管理されていないのではと思いました。

 

 

裏側は崩壊が激しく、2階のものが今にも上から落ちてきそうな状態になっていました。

 

こちら側は入れないと判断して、表から入ることにしました。

 

詳細不明の廃歯科医院の1階

1階部分も床の腐食が激しく歩けない部分が大半でした。

なので撮れたのはこれくらいです。

 

 

詳細不明の廃歯科医院の2階

2階部分は半分以上倒壊しており、階段を上がってすぐくらいの場所くらいしか入れませんでした。

 

 

正直歯科医院だと思えるような残留物はほぼなく、廃屋だと言われても違和感はない状態でした。

 

まとめ

以上、2軒目の物件の紹介でした。

 

もし近くに再度行く機会があれば地元の老人の方により聞き込みをしたいと思います!