スポンサードリンク

T第一発電所

まいど、ボブです。

前回の滋賀探索と同日に、岐阜の端にあるT第一発電所にも行ってきました。

 

前回の物件はこちら:

滋賀県 SOセメント I工場 - ボブ@廃墟探索しようズの廃墟録

 

T第一発電所の歴史

T第一発電所は、三重県にあったF鉱山の工場のために作られました。

 

その証拠として、T第一発電所の入り口にはいまだにその企業名が掘ってある石が立っています。

 

f:id:iden1123:20191119201737j:plain


開設時期ははっきりしていないが、昭和51年には創業を停止したようです。

 

もし行かれる方がいた際の注意事項ですが、建物に至るまでの道がだいぶ狭くなっています。

 

特にこの橋を渡った先は。

f:id:iden1123:20191119201152j:plain

 

僕は間一髪大丈夫やったんですが、滑り落ちたらそのまま川に・・・。

なんてこともありえます。

 

外観

外観はこんな感じです。

f:id:iden1123:20191119201400j:plain


この建物のすぐ裏には、山から水を引いていた管が残っていました。

 

f:id:iden1123:20191119201308j:plain


また、建物の横には電圧調整に使ったであろう機械も残っています。

 

f:id:iden1123:20191119201437j:plain


建物の内部

建物の中には当時使っていた機械や道具類がそのまま残っています。

f:id:iden1123:20191119201212j:plain

f:id:iden1123:20191119201227j:plain

f:id:iden1123:20191119201513j:plain

f:id:iden1123:20191119201543j:plain

 

この青色の機械は水を汲み上げるための「渦巻ポンプ」です。

この機械で水を汲み上げて発電を行っていました。


今となっては珍しいものとしては、東芝東芝と名乗る前の計測器が残っていることです。

f:id:iden1123:20191119201802j:plain

 

昔は、東京芝浦電気株式会社だったんです。

まとめ

ということで、T第一発電所のご紹介でした。

物件としてはかなり小さいのですが、中に残っている機械類の存在感はすごいです。

 

また中は暗いので、三脚を持っていくことをおすすめします。