スポンサードリンク

S小学校

まいど、ボブです。

 

前回までの記事が、岡山探索1日目の記録でした。

岡山 K川第二発電所 - ボブの廃墟録@廃墟探索しようズ

岡山 U山医院(Tの字医院) - ボブの廃墟録@廃墟探索しようズ

岡山 弁柄工場 - ボブの廃墟録@廃墟探索しようズ

 

今日からは岡山探索2日目の記録です。

それでは、見ていきましょう。

 

廃墟探索は十分な装備と警戒がないと、怪我や事故に繋がります。
ここにある情報を元に探索してトラブルに巻き込まれたとしても責任は取りかねます。
ご注意ください。詳しくは下記URLをご覧ください。

https://haikyo.hatenablog.jp/entry/20190306/1551872433

 

 

外観

今回の物件ですが、大正8年に現在の地に校舎が完成。

平成6年に閉校となった物件です。

 

閉校時の在籍生徒数は6名とのことでした。

 

外観を見る限りでは、閉校になってから20年以上経っているようには見えません。

ですが、中は廊下が崩れていたり屋根が抜けていたりと傷んでいる箇所が多かったです。

 

離れ校舎(理科室・音楽室)

この物件でいちばん有名なのは、離れの校舎にある人体模型です。

ここには紙の人体模型もあって、合計2体の人体模型が残っています。

 

教室・職員室などのある校舎

本校舎と渡り廊下の間から入れるのですが、入って早々床が崩落しています。

踏む場所を間違えると踏み抜く危険が高いので気をつけましょう。

 

本校舎の方も残置物がかなり多く、当時の様子を知ることができます。

 

体育館

体育館も、下駄箱のある側の入り口は床が波打っている状態でした。

また、体育館中央部分もかなりゆるくなっていました。

 

 

体育館横の建物

体育館横の建物にはビリヤード場があったのですが、イタチかタヌキかわからない動物の半ミ○ラがあり、強烈な匂いを放っていました。

 

 

 まとめ

以上、岡山県のS小学校の紹介でした。

 

ここは残置物もかなり多く、当日の様子を詳しく知ることができる良い物件です。

ぜひ岡山へ行かれる際は行ってみてください!