スポンサードリンク

ホテル・ラ・レイン○ー

まいど、ボブです。

 

岡山探索2日目、2軒目の物件です。

今回は日本が誇る、世界一の設備を持つ物件です。

 

岡山探索1日目:

岡山 K川第二発電所 - ボブの廃墟録@廃墟探索しようズ

岡山 U山医院(Tの字医院) - ボブの廃墟録@廃墟探索しようズ

岡山 弁柄工場 - ボブの廃墟録@廃墟探索しようズ

 

岡山探索2日目:

岡山 S小学校 - ボブ@廃墟探索しようズの廃墟録

 

廃墟探索は十分な装備と警戒がないと、怪我や事故に繋がります。
ここにある情報を元に探索してトラブルに巻き込まれたとしても責任は取りかねます。
ご注意ください。詳しくは下記URLをご覧ください。

https://haikyo.hatenablog.jp/entry/20190306/1551872433

 

歴史

1988年に瀬戸大橋が開通。

それに伴う観光客増加を見込んで建設されたドライブインが、今回の施設です。

 

その後ドライブインをホテルに改装。そのホテルの横にできたのが世界一の高さを誇る回転式展望塔です。

 

このホテルを運営していた会社の親会社は岡山県に当時2つのゴルフ場を持ち、運営会社も最高で31億円を売り上げる勢いでした。

 

しかしバブル崩壊の影響などもあり1997年にホテルは閉鎖。

親会社も2006年に倒産しています。

 

外観

 

外観はこのようにRを描いています。

なお目の前の道路は先のホテルへの通路となっていますので、車がよく通ります。

 

 

ホテル内部はこんな感じでグラフィックアートが大量にあります。

 

回転棟外観

 

こちらが世界一の高さを誇る回転棟です。

塔自体の高さは150メートル、回転キャビン自体は138メートルまで上がっていました。

 

回転キャビン内外

 

このように通路は広くはなかったようです。

またキャビンの下にライトがついていることから、稼働していた当時は光りながら回って上がっていったのではないでしょうか。

 

 

まとめ

この施設は2013年から解体が始まったという話も出ていましたが、2019年現在も残っていました。

 

ただし周りにはホテルや遊園地が多くありますので、気をつけましょう。