スポンサードリンク

Z美術館

まいど、ボブです。

 

今回は京都の廃墟です。

ここへはバスで行くのが一番楽なのですが、バス停を降りたらすぐ目に入ります。

 

それほど存在感のある廃墟です。

 なお廃墟に隣接して民家があるというのも、また不思議な風景でした。

 

廃墟探索は十分な装備と警戒がないと、怪我や事故に繋がります。
ここにある情報を元に探索してトラブルに巻き込まれたとしても責任は取りかねます。
ご注意ください。詳しくは下記URLをご覧ください。

https://haikyo.hatenablog.jp/entry/20190306/1551872433

 

外観

 

美術館の前の道を通って裏手にも回れますので、裏側も見てみましょう。

 

 

おそらくこの廃墟からの落下物が多い為だと思いますが、前の土地は2箇所ほど空き地のままでした。

 

 

元々は在日韓国人の方がやられていた、日曜日だけオープンする美術館とのことでした。

 

廃墟になってから15年近くのときが経っているようです。

 

2019年4月30日再訪:

初訪から2ヶ月後に再訪してみますと、入口付近の様子が変わっていました。

 

 

以前は中を覗けた窓が塞がれているということは、そこから入ろうとしてトラブルになったのでしょうか・・・。

 

 

また、空き地に面していた建物の一部が解体されていました。

比較写真↓

 

このまま全部解体ということにならないでほしいです・・・。

 

2019年8月31日再訪:

しばらく行けてなかったのですが、久しぶりに行ってみると解体工事が・・・。

 

 

ガッツリと足場を組まれ、すでに半分ほど解体され柱が見えていました。

アクアパークHとセットで行っていただけに残念です・・・。

 

「めっちゃ行きたい!」と思ったとしても、解体されたりその他の理由で行けなくなるのが、この趣味の辛いところです。

 

今後も「行きたい!」と思った場所にはなる早で行くよう、動いていきます!