スポンサードリンク

廃墟探索を始めてから1年が経ちました

まいど、ボブです。

 

なんと廃墟に行き始めてから、まだ1年しか経ってないことに最近気づきました。

せっかくの機会なので、僕が廃墟にハマったきっかけを書き留めておこうと思います。

 

最初のきっかけは「彩珈楼」

僕が廃墟に行きたいと思うようになった最初のきっかけは、彩珈楼という大阪にあった喫茶店に飾ってあったポートレートを見たことです。

 

たしか摩耶観光ホテルの食堂で撮影された写真だったと思いますが、それを見たときに「うわっ、この場所行きてー!」となりました。

 

ですが当時は行く機会やそういったツレもおらず、行かないまま時が流れていきます。

 

マヤカンのクラウドファンディングを発見

そしてときは流れ、2017年。

 

Twitterをしていると、なんと摩耶観光ホテルのクラウドファンディングをしているというのを見かけました。

 

readyfor.jp

当時の記憶があまりないのですが、気づいたらポチっていました。

「これであの場所に行ける・・・」

そんなワクワク感だけは覚えています。

 

4月23日、念願の場所に!

2017年10月に元々行く予定が、台風の影響で中止に。

(もし10月に行けていれば探索歴が半年早まっていたかもしれませんw)

 

そして仕切り直しで行ったのが2018年4月23日。

 

 

ただただ、楽しかったのを覚えています。

 

 

そして写真で見て行きたいと思っていた場所にも行くことができました。

 

そこから自分でも行きたいと思うようになり、栗原さんの「廃墟の歩き方」や廃墟HAZARDを見て装備を揃えました。

 

結果、1年で20箇所くらい回ることができました。(このブログで書いているのは一部ですが)

 

廃墟はいつ解体されるかも分からないです。

なので行きたいと思った場所には直感に従ってなるべく行くようにし、写真に記録として納めて行きたいと思っています。

 

なお直近で行く予定の場所は下記のとおりです。

京都府宮城県岩手県×2

 

7月以降は西日本メインになりますので、関西圏で同行してくださる方は是非Twitterにご連絡いただけると嬉しいです(^^)

 

ボブ@アフィリと廃墟 (@BOBSUB06) | Twitter